本文へスキップ

新しい視点で女性を支援する SI OF KAWASAKI

活動報告report

11月12日ソロプチミスト日本財団年次贈呈式出席のため秋保温泉に宿泊し親睦を深めました

11月5日男女共同参画センターでのトークサロンでの、樹木医の伊藤菊代会員の宮前の森の森林保全活動の講演を16名の参加で聴きました。

かわさき男女共同参画ネットワーク会長の小林会員のあいさつに始まり、飾りけのない親しみやすい伊藤菊代会員の語り口に、森林保全活動のご苦労と楽しさを感じ、SDGsの実現は、この様な肩ひじ張らない自然体の活動を一歩一歩踏みしめて行った先にあるのだろうと思いました。

9月28日川崎市立下作延小学校に環境学習の支援金をお届けしました。


5年生の環境学習で講師から段ボールコンポストの作り方を学び、給食の残菜でたい肥を作っているそうです。5年生の子ども達が毎日温度計で測って、熟成具合を熱心に観察しているそうです。

10月10日第1回東リジョン研修会に16名が参加しました。


16名の会員が参加し、国連の提唱するSDGsの推進が地球環境の悪化阻止に欠かせないとの認識を新たにしました。女性と女児の教育と地位向上がその大きな一環を担っているのです。







国際ソロプチミスト川崎

会長 島田 典子
会員数   29名